読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきなの不定期日記

妄想が大好きでそのまま大人になったクズ。一応社会生活に馴染めてるふりしながら全然なじめてなくてたまに病みそうになるので日記とライブを糧に生きてる。

亀二郎は想う

実家の饅頭屋が最近「アサナンデス」に地元のお気に入り和スイーツ店とか意味のわかんねー特集でくっそ忙しくて、週5で手伝っていたら、メンバーに「饅頭とバンドお前のベクトルは一体どっちなんだ!?」

「お前が上目指したいって言ったから頑張ったのになんなんだよ」ってメンバーにも怒られながらも、俺は言ったんだ。

「お前らてっぺんみたことねーから言ってんだよ!何でもてっぺんはちげーよ、わかんねーだろうな、、。」って話し合いしてたんだよ。下北のスタジオで。。


いつもはクールな佐介や大也が「じゃあ俺らがてめーよりてっぺん目指すよ、このクソ野郎」って罵声を浴びせられながら、もうこのバンドは終わりだ、、所詮夢物語だったんだよ、、。そう思ってたんだ。あの話し合いのあとのスタジオの帰りは絶望しかなかった。


何てことを言ってしまったんだって、恥ずかしげもなく泣きながら、飲めない【鬼ごろし】を飲み、肉まんを食べリバースしながら家路に向かっていたぜ。


え、、、なんで?

おれは今メンバーとともに饅頭屋で働いているのか?わからない、俺はわからない。


しかし、大也は根っからの軽さで女性客を呼びこみ、32個入りの饅頭ばかり勧めてる。おかげで客単価もいい。


佐介に関してはレジの列の形成がうますぎる、きちんとフォーク並びを実行させ、誘導もばっちりだ。


羅紗に至ってはあいつサポートなのに、うちの母に気に入られて、あいつが饅頭の作り手になっている。


俺、息子だよね?あれ、跡取り羅紗なの??まじかよ、てか餡子の作り方あんなに滑らかに作れんのかよ、あいつドラムよりうめぇな?


俺の実家の饅頭はこと如く売上はあがり、バイト代もあがって、休みの日はたのしい。うぇーーい。



ちがう!!


なのに、なんで新製品の饅頭について俺らミーティングしてるの?、、4時間も語りあったよ。


こしあんはうまい!

しかし!

心は超せないぜ!


またな!



今日はばんぎゃるについて

亀二郎物語もまた書きますので、待っててください。(誰も待ってない

ちょっと書きたいことあったから、これはほんとてきとーに。

 

バンギャルになった時って毎日楽しかったですか?

 

ちょっと気になったのです。

 

わたしは中学ぐらいまではわりと馴染めていたのですが、それでも何かに違和感を感じていて、「群れる」のが凄く苦手で、特に何かにつけてグループになること。それが苦痛で仕方なかった。でもしないとみじめになるからという気持ちで必死に学校生活を送っていました。

 

高校生になってからその気持ちはより顕著になり、絶望した毎日を送っていました。

 

本当にわたしのことを理解してくれる人が現れるのか、そのことばかり思って毎日を過ごしていました。

 

そんな時にバンドに出会ったのです。

 

そのバンドは前から気になってはいたのですが、顔がかっこいいしV系というジャンルがわたしには受け付けられなかった。

 

でもCDを買って聴いたらもうだめでした。

 

救いの手はみえないけれど音楽という形でわたしを優しく救ってくれました。

 

心がやっと黒から少しずつ白に変わっていく、これからわたしは闇を抜け出して何色かに染まれるんだ。

 

そんな予感を感じました。

 

それからはもう音楽が心の支え。

音楽しか支えがなかったです。

友達なんかどうでもいいし、学校では一応つきあってましたが本当に心底嫌いでした。つまんねーって思いながら愛想笑いの毎日

 

でも、わたしには彼らの音楽がある。それだけで生きていけました。

そしてFCに入ってライブに行きたい。そう強く思ったのです。

 

 

そこからわたしは水を得た魚のようにバイトを始め、そのバンドのためにお金を貯めました。初めて行ったライブは忘れもしません。

 

野外ライブ。東京。1人。

 

10代のこむすめが田舎からわざわざこのために1人で行動したのです。

 

今のようにインターネットが普及してませんので、共通の友達もいなく、さがす術はFCの伝言電話のみ。

 

それより行きたい想いの方が強かったのでバイト代で10万弱を握りしめ、おら東京さ行くだ🏃🏃‍♀️💨

 

はじめての1人の東京は目がチカチカ。人も多く、はじめての連続でしたが、物販も鬼のように(6万ぐらい使ってました)ほぼ全買い。

 

ライブは初日はとても遠かったです。

でもそこにいたんです。

毎日毎日辛くて心が折れそうになった時耳にしたあの曲。

それを演奏しているあの方たちが。

 

心臓が震えて、血液の流れが早くなって、気は遠くなりそうで。

 

でも夕暮れ時の大きな空と大好きな声、

たくさんのファンと都会のきらびやかな看板。

 

すべてが相成ってわたしは風になってしまいたい。

生きてきて良かった。

心底思った。

 

でも人間は贅沢なもので、ライブに行きたい、けど1人じゃなくて同じ気持ちの人がこんなにいるんだ。

 

なのにわたしは今1人だ。

誰かと気持ちを共有したい。

仲良くなりたい。

 

そんな想いを持ちながら、ばんぎゃるを歩んでいくのです。

 

 

 

 

だいやにっき( ̄▽ ̄)

リーダーからたまにはブログ書いてみたら?と連絡きたので、俺についてちょっと書いちゃうよ(^ ^)

 

っていきなり言われてもうーーーん。

 

リーダーの事は前のbandの時から知ってて俺たち後輩bandからしたらかなりビビってたな。うん。

 

ドームツアーとかやってて、俺たちはファイナルでやっとzepp tokyoギリ行けるぐらいなbandだったから、ドーム?!未知の世界、、、。

 

でもさぁ、口で言うのは簡単だけど最低5万人は動員してるわけで、それは本当にすげーーって思う。リーダーもひょんな事から脱退して俺らとband始めて。

 

下手すれば100分の1のキャパなのに、MCの目線だけはいつも高くて(またやってるよ....ここドームじゃねぇから?

って思ってるけど最近はそれもまた味かなっ笑。

 

しかもリーダーは家業をたまに手伝ってるみたいで(あっ、まんじゅう屋さんな!)

 

たまにリーダーから黒糖の香りや小豆の香りが漂うとなんか無性に親に連絡したくなる!!

ほんとーおもしれぇーよ!リーダーは!

 

佐介はもともと仲いーからさっ。

みんなも知ってると思うけど。

 

あいつはクールに見えて熱いからさ!俺だけじゃなくみんな応援してねん♩

 

でも今回も冬に向けてすげーいい曲出来そう!

てか、何曲かは仕上がったからそれをこれから地下作業で煮詰めていく感じかな!

俺は大体ライブ終わった後に新しい曲のイメージが思い浮かぶ事が多いんだけど、それは俺らのファンの子宛てに考えている(個人的すぎるな?)事が多いかもな?

この子の背景を考えたりするとスルスル〜っと出てくるというか、、、俺は上手にくる君らの事1人1人覚えてるからな!

もっともっと笑顔になってほしいって言う気持ちが先行して、気持ち悪い語りごめんな?

 

と、に、か、く!今度のアルバム楽しみにしててそして自分のイメージにぴったりだなって思ったらライブの時俺に目線くれよな?

楽しみにしてるから!

 

後入り待ち出待ちいつもありがとう。

プレゼントもいつも助かってるよ。

あんまり高いものはやめろよ?そのお金でもっとライブで顔みたいから!

 

でもプレゼントでもらったクロムハーツは肌身離さずつけてるよ。

俺の一部かなって思ってる笑。

 

じゃあまたな!

 

だいや。

 

亀二郎的歌詞考察

佐介の類い稀なる商才のおかげで毎日忙しくて楽しい、、。

しかし冬にはアルバム引っさげてツアーするから、今俺は猛烈に忙しい。
何故なら歌詞を考えなければならないから。
V系の歌詞について考えた事がある人はどのくらいいるのか統計をとってみたいぐらい気になるな。

俺は俺なりの解釈で歌詞を書きたい!!
と最初は思ってかいてたんだ。

乾いた雨に抱かれながら
君を待っていたが
もう来ない焼き鳥をたべながら
ビールはおかわり

嗚呼!だめだ。最初の2行はとてもいい。なのに次の2行から俺の気持ちになってた。
なぜならこの時は下北のきたねー店で飲みながら歌詞考えてたから。

俺はそこで分析を少ししてみたんだ。
大御所バンドの歌詞を
GLAYの歌詞は高校生の男子が語る愛がこめられてる。

時に愛が2人を試してる
because I love you

とかよく考えたら凄い。

絶え間なく注ぐ愛の名を
永遠と呼ぶ事が出来たなら

恋愛片思い中のような男子高校生の日記である。
今流行りでいえばカラ松である。

L'Arc〜en〜Cielの歌詞は幻想的な詩人で夢見るバンギャルを取り込む魔力が強めである。

君が見えなくて見えなくて
何度も呼びかけるよこの夜に迷ってしまう

真っ白な時は風にさらわれて
新しい季節を運ぶ
溢れ出した手のひらの
雪は儚くきらめいて

特定の相手が少しも見えないが誰かに対して歌っているような実際に起こりえない綺麗で切ないおとぎ話の世界である。

さぁどんどん行こう

DIR EN GREYの初期をみてみよう。 

シビレを切らしてる 
僕はマゾの血をひき サドの君を待つ
出来れば 毒のbaiserで

唾液塗れにした 蒼冷めた体は
視界にへばりついた  歪めた残酷絵

暗黒世界のような歌詞だ。
先ほどの2組は高校生以上の香りがしたが厨二感が凄い。
しかし痛みを体現するバンドだけあって歌詞に悲痛さが伝わってきて、世界観が凄い。
しかし歌は聞き取れなかった。。

ライバルと言われていた
PIERROTの歌詞をみてみよう。

壊れていくこの世界で 迷わず待っていて
あの日決めた 約束のあの丘で

叶うはずのない二人の願いは 
夕闇の奥へと滲んでいく
君に伝えたかった僕の想いは 
舞い上がる砂嵐に掻き消され

こちらも厨二感は否めないがディルと違う所は歌詞が慎ましく生きる日本的要素がある。
また世界が終わったり、伝えれない想いという後悔の念があるので、
今はLINEという便利な通信手段がある事を伝えたくなる。

とりあえず個人的な気持ちで4バンドだけみてみたがそれだけでも割と歌詞の世界観がとんでもなく違う事を改めて考えさせられた。

俺はやはりみんなに対して亀二郎の想いを伝えたい!!、
ブレない気持ち、、 
蛍光灯の眩しさと都会の切なさ?

寝起きにみた 君の横顔が
嬉しくて ずっと見つめていたい
朝の光は 残酷に
世界を運んできてしまう

まだここにいて 離さないで
昨日みた明日と 
傷だらけの君が  哀しいほど 美しく
僕を みつめて

うおー!亀二郎の歌詞すっげ
V系みある?!、

でも、これからちょっと
実家の饅頭の仕込みしないと
母親に怒られるから?

また今度な!!





佐介と羅紗の実力とは??

前回、前々回と振り返りをしていたが
リズム隊がまだだったの忘れてたぜ!
まず佐介の振り返り

FC会員を増やすために特典を考える。
ライブ後のアプローチを欠かさない。
だった。
今のFCの特典はライブ、インストの先行チケット。メンバーからの年賀状、あと会報が年4回(5pぐらいの簡易的な物)
で3000円。

まぁ悪くはないと思ってるが会員がまだ500人しかいないんだ!

俺たちもやはり目標としては武道館でやりてぇし?
やっぱりロックスターのあるべき姿?は
大きいステージで遠い存在の俺らが熱い視線を浴びたいから?


で、リーダーである俺的に(亀二郎)頭脳派の佐介に行動を起こしてもらった。
佐介は見た目は甘く小顔でステージでもファンに柵前ギリギリで顔を近づけて煽ったりするから卒倒する子も多く、下手の佐介前だけぎゅうぎゅうである。



FCの特典についてこの前ファミレスで2人で議論したんだが、まず入会特典がダサいと言われた。


バンドのロゴ入りカンペンケースにしていたのだが、まずそんなの使わないと言われた。
年賀状も別にいらなくね?と言われた。
がーーん。
あれだけ頑張って企画して納得してたと思っていたら一応先輩だから立てたと言われた。厳しい。

じ、じゃああるのかよ?って
俺はメロンソーダを片手に鼻息荒く責めたんだ!佐介に。
佐介曰く、チェキが思いの外売り上げ伸びてるから入会特典が手帳型スマホケースで裏にパスケースみたくなってチェキ入れられるのどうか?と提案あった。

.....すごくいい!!理にかなってる。

そして年賀状じゃなくて年明けにメンバーから「あけましておめでとう」の個人毎の映像をFC限定でダウンロードの方が印刷代もかからないし、ファンも嬉しいのでは?と提案された。

....すごい、素晴らしい。

また、それだけだと特典が少ないから他のバンドでもやっているFC旅行の
代わりにFCお食事会はどうか?
と提案された。
正直泊まるとなるとお金もかかるし、
まだFC人数も少ないそれでいきなりやってもコストがかかる。

カジュアルなレストランを貸し切りにしてメンバーとビンゴ大会や質問大会。
メンバーの出し物、アコースティックライブ
(うぉぉ!めっちゃかっこいい)

2ショット撮影会などで1人3万とかのがいいんじゃねぇか?と提案してきた。

佐介、マネージャーかよ。
ほんとコイツメンバーで心から嬉しい。
早速これを取り掛かって行く!!

プラス佐介はライブ後の物販でメンバーも売り子を日替わりでして、FCその場で入会すると特典のスマホケースのチェキを2ショットで撮ると言うサービスはどうか?との提案があった。

佐介の案は大当たり。
ライブ毎に10人〜15人の入会があり、入会特典が欲しいが為に名義ゆえ母親や父親を連れてくるファンもいた。
なかなかハートフルな物販になり、ファンの子の母親や父親が見守る中、俺は2ショットのチェキを撮り
(この子を宜しくお願いします)
などお礼を言われた。

俺たち世直し先生なのか、、、と
思いながら
「...はぁ。」
と答える俺たちだぜ!


ちなみに羅紗はサポートだから
街中で1日5件声掛けをし、ライブにきてもらうだが、みためが小肥りで髪がヘビメタみたいな時代遅れ感の為。
(頭頂部薄め)

「くせぇーんだよ」

「痩せてから声かけろやぁぁ」

と毎日涙ぐましい努力が罵声に変わり
1ヶ月で5キロ痩せれた。

このまま続けて欲しいとおもう!!
でも昨日は泣きながら小籠包食べてやけどしてたぜ!

リクエストの声が聞こえてきたんだが、
次回は亀二郎の歌詞についてだ!










大也の実力、、!

前回は亀二郎(まぁ俺のことだけど)の目標の振り返りをしたから他のメンバーのチェックアクションしたいよね?
やはりボーカルとして引っ張っていきたいし?

大也の目標はチェキ最多王となり固定を増やすでした。

大也は本当にかっこいい。目鼻立ちがハッキリしてるし、ライブ中もクールなんだ。俺がいくら上手に行って煽っても後ろの何人かは少し見てくれるが前から5列目まではみんな大也に釘付け....。

だから上手あんまり行きたくないんだよ。正直なところ!
でもライブ後のアンケートにさボーカルなのに煽り下手とか言われたくないから?一応行くんだけどトボトボして帰る上手。少しでいいから俺も、みて?

まぁそれはいいとして、、物販のチェキは本当に俺たちみたい動員少ない(400弱)のバンドマンには助かるアイテムなんだ。。
チェキ撮ってサインとかコメント書いて1枚500円だけど、大体5枚ぐらいはみんな買ってくれる計算で、200人買ってくれる予想50万は行く。しかも見えないように小さい紙袋でランダムにいれてるから?余計楽しいみたいで買う子は20枚とか?ありがたい

そのくらいチェキには力入れてる!!!
いつも羅紗にお願いして撮ってもらうんだが、大也のチェキはいつも争奪戦だから、SNSで俺らのチェキの交換会をしたりするみたいで俺チェキ×2と大也チェキ×1とかでトレードをみたときはさすがにそっと携帯をみるのやめたよね?

だから決めたんだ!比率の問題を解決しようと。大也のファンは正直なところ多い。だからチェキ100枚の内訳をいままでは亀、大、佐が33 羅が1にしていた。
これからは亀、佐が22 大50 羅6に変更したんだ。

結果どうなったかというといつもの倍売れた。俺たちは滞納していた住民税を納めることができたぜ!

しかも事前に告知したんだ。
バンドのブログで
「チェキは大也がいつもの倍くらい多めとなっております」と。

俺と佐介のファンから苦情来ちゃうかな〜申し訳ないなぁ(てへっ)とか思ってた額を殴りたいぐらいコメントがあった。

コメント:ぁたしもずっとそぉゆうのがいぃとぉもってましたぁ〜///だいゃ、しゅき❤︎みおたすより

コメント:亀ちゃんのは少ない方が逆にいい。レアキャラ!!でも買うから大丈夫だよ。亀大好きBBAより

コメント:むしろなんで麺ごととかにしないんですかぁ〜///大也の鼻の穴で眠りたいより

コメント:大也のビジュアルで持ってるようなもんぢゃんこのバンド( ^ω^ )
無記名より

もうこの先のコメントは添付したくないぐらい正直な感想をもらった。
まぁでも動員のため!本当にこれでよかった。そして大也はそれだけでは終わらない男なのだ。
なんとチェキは今までライブの時の衣装で行っていたのに、自己プロデュースと時間節約の為羅紗と行ったラーメン屋でパチリ、家の部屋着で自撮りしたりとにかくどこでもチェキを撮っていた。(しかも上目遣いとか眠そうな顔とかウインクしたり、、!)

そのチェキがレアチェキとなりまた俺と佐介のチェキは何枚かと大也のトレードに使われるのであった。
俺は今日もそんな大也を横目に歌詞を書くぜ!

亀二郎の目標は

前々回、動員を増やすためにメンバーごとに目標を決めていた。
半月たったので中間報告をしていきたいと思う。
ボーカル亀二郎の目標といえば
「入り待ち出待ちに優しくし常連を増やす」
である。
ドームクラスの頃なんて入り待ち出待ちなんて100人単位でいたしプライベートなんてなかった、、、。
リハの合間にコンビニで肉まんくいてぇぇぇぇってなっても1人で買いに行くと
絶対ファンの子に何故か会う。
しかも、見て声かけてくれればまだ俺も対応できるし?大人だし?スターだから?

なのに俺を店の中で見た瞬間のファンって珍しい動物みたいな反応をしてくるから悲しい...。

ケース1
無言で口だけ大きくあけてジト目で凝視。そして勝手に心臓発作のようなジェスチャーをしだす。

ケース2
友達同士でいる場合「どーしよどーしよやばいんですけど、てかなんでいるの?
えっ嘘でしょ」の連呼。

ケース3
知らない振りをして無音カメラで連写(とてもわかりやすい、挙動不審だから)

大まかにわけてこの3パターンがいるからいつも強靭な精神の元、肉まんを購入したり雑誌を購入している。

しかし俺はすでに動員も少ないし、こんな事があった事がまぼろしなのさ.....。

俺目当ての入り待ち出待ちは大体いつも10人くらい。
それでも俺のために待っていてくれる事が嬉しい。しかも付き合いが長いから
プレゼントもお米券やビール券、煙草など。冬になるとヒートテックやあったかソックスなどまるでお袋なのかと思うほど心のこもったプレゼントである。

なので貰ったプレゼントは毎回毎回ブログにアップしている。

俺はファンの心を熟知してるんだよ。

やはりファンというのは憧れのアーティスト(まぁ俺のこと)にあげたプレゼントが使ってるという事実がわかると更に嬉しい、しかもブログという万人がみるもので2人だけしかわからない秘密めいたこの感じ?たまらないのではと思ってる。


だから最近ずっとアップしていた。

買ったお米、食べてる俺
買ったお酒、飲んでる俺
ヒートテック着てる俺の一部分
あったかソックス(ドット柄)はいてる俺

ちょっと待って、ブログ見返してて思ったんだけどダサくね?
上京した大学生が、始めた下手くそなブログっぽくね?

普通のアーティストってファンから貰ったブレスレット(高級舶来品)とかじゃね?


しかし気持ちに反して好評だったようで
常連がどんどん増えて今は20人くらいになっている。

ブログが嬉しかったようで、「わたしは亀二郎の血となり肉となる栄養を作っている」というもはや音楽とは違うベクトルでプレゼントが加速し、お中元のような形の食料品が事務所にバンバン届き、今日も牛肉のしぐれ煮を食べながらいい歌詞が浮かんできたぜっ!