読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきなの不定期日記

妄想が大好きでそのまま大人になったクズ。一応社会生活に馴染めてるふりしながら全然なじめてなくてたまに病みそうになるので日記とライブを糧に生きてる。

亀二郎は想う

実家の饅頭屋が最近「アサナンデス」に地元のお気に入り和スイーツ店とか意味のわかんねー特集でくっそ忙しくて、週5で手伝っていたら、メンバーに「饅頭とバンドお前のベクトルは一体どっちなんだ!?」

「お前が上目指したいって言ったから頑張ったのになんなんだよ」ってメンバーにも怒られながらも、俺は言ったんだ。

「お前らてっぺんみたことねーから言ってんだよ!何でもてっぺんはちげーよ、わかんねーだろうな、、。」って話し合いしてたんだよ。下北のスタジオで。。


いつもはクールな佐介や大也が「じゃあ俺らがてめーよりてっぺん目指すよ、このクソ野郎」って罵声を浴びせられながら、もうこのバンドは終わりだ、、所詮夢物語だったんだよ、、。そう思ってたんだ。あの話し合いのあとのスタジオの帰りは絶望しかなかった。


何てことを言ってしまったんだって、恥ずかしげもなく泣きながら、飲めない【鬼ごろし】を飲み、肉まんを食べリバースしながら家路に向かっていたぜ。


え、、、なんで?

おれは今メンバーとともに饅頭屋で働いているのか?わからない、俺はわからない。


しかし、大也は根っからの軽さで女性客を呼びこみ、32個入りの饅頭ばかり勧めてる。おかげで客単価もいい。


佐介に関してはレジの列の形成がうますぎる、きちんとフォーク並びを実行させ、誘導もばっちりだ。


羅紗に至ってはあいつサポートなのに、うちの母に気に入られて、あいつが饅頭の作り手になっている。


俺、息子だよね?あれ、跡取り羅紗なの??まじかよ、てか餡子の作り方あんなに滑らかに作れんのかよ、あいつドラムよりうめぇな?


俺の実家の饅頭はこと如く売上はあがり、バイト代もあがって、休みの日はたのしい。うぇーーい。



ちがう!!


なのに、なんで新製品の饅頭について俺らミーティングしてるの?、、4時間も語りあったよ。


こしあんはうまい!

しかし!

心は超せないぜ!


またな!