読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきなの不定期日記

妄想が大好きでそのまま大人になったクズ。一応社会生活に馴染めてるふりしながら全然なじめてなくてたまに病みそうになるので日記とライブを糧に生きてる。

メンバー紹介するぜ

動員やバンドの話はしてたけどメンバーの話をしてなかった。
今日はメンバーの紹介をするから聞いてほしい。
まずボーカル
亀二郎(36) 全ての作詞を手がけてる
たまに曲も作るがメンバーには不評。
まだドームの時の名残りや栄光を引きずってるのでついつい煽りでアリーナぁぁぁ!やスタンドぉぉぉ!とか言ってしまい引かれてる。見た目はわりと甘めな顔してて身長は165センチと低め。
黒い服を着てればおしゃれだとおもってる。中身はちょっと頭悪い。実家が饅頭屋。

ギター
大也(ダイヤ)(32)
曲の大半は大也が作ってる。クールな印象で顔も整っているがギタリスト特有の顔はかっこいいけど中身はバカ。
とにかくクロムハーツが好き。自分大好き。大也は本名なのでちょっと恥ずかしい。しかしイケメンなのでガチ恋多い。
亀二郎のことは割と尊敬してるがたまにバカだなと思ってる。社長のお気に入り。

ベース
佐介(さすけ)(32)
曲はほとんど作らないがジャニーズ並みに顔が甘く根が真面目の為固定ファンも多い。
身長が163と低いが線も細く王子様のような印象。
しかし中身はクズでバンドで有名になったら女優かモデルと結婚してヒモになりたいと野心を燃やしている。
大也とは前のバンドがお互い対バンしてたので仲良し。よくプライベートであそんだりしている。実家は美容室。

ドラム(サポート)
羅紗(らっしゃー)(年齢不詳推定40)
V系バンドブームの先駆けであったがあまりにも早過ぎて時代に乗り切れなかった。目黒鹿鳴館大好きバンドマン。
手数が多くやはり安定したドラムではあるがいかんせんラーメンが好きすぎて中年太りが目を引く。
亀二郎達もさりげなく痩せる方向に持って行くも結局ラーメンとラーメンライスと餃子のトリプルコンボを食べ過ぎて一向に痩せない。サポートの傍ら某音楽教室でドラムを子供達に教えるのも楽しみになっている。


動員を増やすために...!

昔はドームクラス、今は高田馬場エリアクラスのバンドとしてはやはりてっぺんとりたい。
もう一度あの快感フレーズ(じゃない)
快感味わいたい!

事務所の社長からは毎回動員増やせって言われるし、増やしたいよ!!
でもさぁなんてゆうか媚びたくない!
いい曲作っていいパフォーマンスをしたらおのずとファンはついてくると信じたい。昔のやり方はそうだったし?それでついてきたから?

マンスリーミーティングを開いてるんだけどダメだった...。動員は減る一方だし、対バンしてるライバルたちがみんな抜かしていく、、。

なんでだろう。考えてた。


曲はいい。メンバーも悪くない。
でも足りないもの。

動員増やしたいけど増えないこれ以上は。でもここではないどこかへじゃなくて、ここでなくてはいけない理由が欲しい!!

メンバー毎に目標を決めることにした。
強み弱みを生かし動員を集めるため
ボーカルは入り待ち出待ちに優しく常連を増やす
ギターはチェキ最多王となり固定からチェキ廃を増やす
ベースはFC会員を増やすためにFC特典を考える、ライブ後のアプローチを欠かさない
ドラムはサポートだからノルマを軽くし街行く人に1日2回は声をかけライブに誘う

さぁ次回は振り返りと結果

仕事を90年代バンギャ思考で。

自分の今の状況を暇だからバンドで例えてみると、以前の配属先は言ったらドームクラスのバンドでXは殿堂入りだとして、LUNA SEAラルクGLAYレベルの配属先でLUNA SEAを目標にてっぺん取ろうとしてるラルクGLAYみたいな感じ。
とにかく動員が多くて小さいファンサービスとかは出来ないけど、バンドとしての力もあるし、ライブやったらソールドしちゃうみたいな。

その下にも後輩たちがたくさんいるから
毎週毎週気が抜けなくてつらい。
もうバンドやめたい。わたしもファンサとかチェキとかやってみたい。
大きい会場飽きた、、みたい感じの時に
どう新しいバンドやるんだけどやってみない?今のバンドは後輩に譲って?みたいな感じで事務所の社長から新しい配属先を提案された。

今度のバンドは全て新しく始めるし、みんな手探りだけど絶対メンバー的に動員はこの前のバンドみたくドームはむずかしいけど武道館は確実で、スーパーアリーナぐらいは2.3ヶ月したら行けるはずなんだよね?言ったら今のディルやピエロみたいな感じには絶対なるよ?
次のカリスマみたいな?
今までとはやり方が違うから絶対君の経験値も上がるし?新しいファンサ?新しい風をいれよ?時代がやっと君に追いついてきた?みたいな感じだから。
と、わたしはドームクラスのバンドからこの限りなく未知数なバンドに加入した。最初は順調に真新しさもあってゼップクラスはソールドしてたんだけど、チケットが高いことや音楽性が他のバンドと対して変わらないことで売り上げも伸び悩み、ボーカルが喉の手術やギターの恋人発覚もあった。
動員は今や高田馬場エリアぐらいなマイナーバンドで武道館クラスとか言ってたのが恥ずかしいみたいな純情な感情。